渥美 和彦

代表

渥美 和彦

アツミ カズヒコ

<所属>

・東京大学名誉教授

・一般社団法人 日本統合医療学会名誉理事長

・一般社団法人 臨床ゲノム医療学会理事長

<略歴・経歴>

1928年大阪生まれ。1954年東京大学医学部を卒業後、心臓外科を専攻し、人工臓器やレーザー治療、サーモグラフィ、電子カルテなど、最先端医療の研究に従事。人工臓器の山羊の長期生存世界記録をつくる。東京大学医学部医用電子研究施設助教授、教授、施設長を歴任し1989年に退官。1995年~98年鈴鹿医療科学大学学長。1998年に日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)理事長、2000年に日本統合医療学会(JIM)理事長、2008年に一般社団法人日本統合医療学会(IMJ)理事長に就任。現在、同学会名誉理事長。

※その他、詳細について「ご挨拶」ページもご参照ください。